子供の成長が早いとネイティブ英語で言いたい、”Time flies”

2-2. 知らなきゃ損なNative英語
この記事は約3分で読めます。

知らなきゃ困るネイティブ英語・光陰矢の如しは”Time flies”

留学先や海外旅行先で、ネイティブスピーカー達の間で交わされる話し言葉や、日常生活の中でよく使う言葉には、日本の学校では教わっていない、日本の教科書でも勉強していない、いわゆる生きた言葉がたくさんあります。

知らないと何の事やら分からなくても仕方ありませんが、逆に言えば知っていれば何てことないものです。

この章では、普段使いでもよく登場する

「ホントに、時間の経つのは早いねぇ」

という表現をネイティブスピーカー達は何と表現しているのか紹介するので、あなたにも是非真似して使って欲しいと思います!

「光陰矢の如し」このニュアンスの事を言いたい時って、日常の中でもたくさんあるものです。ネイティブ英語では、とてもシンプルに以下の様に言います。

Time flies.”

直訳の「時間が飛ぶ」かのように早く流れるという意味ですね。この表現は本当に良くあちこちで耳にしますし、自分でも使います。

例えば、学生や若い人達の間の会話であれば、以下のような感じでしょうか。

“Time always flies when we are having a party, right?”

「パーティーしてると、いつも時間があっという間な!」

きっと、身に覚えがある会話ですよね。英語でもう言えちゃいますね。

又は大人同士の会話でも、久しぶりに会った友達の子供が大きくなっていたら、もうお決まりのこのフレーズです。

“How have you been? Oh, your son? He grow up so much!”

「久しぶりだね?まぁあなたの息子さん?大きくなって!」

“Yeah, Time flies, doesn’t it?”

「ホント、時が経つのは早いよね。」

このような感じで、英会話の中には頻繁に登場します!

ちなみにですが、では逆に時間が経つのが遅いと感じる時もあると思いますが、これは英語でどう表現しますか?

時制に合わせて使えますが、基本的には

Time passes slowly.“です。そのままですね。例を挙げると、

“When you are in a hard time, the time passes slowly, doesn’t it?”

「しんどい時って、時間が経つの遅いよね?」

このシリーズでは、このような「知ってさえいれば、聞くのにも話すのにも困らない表現」をどんどんシェアしていきたいと思います。

アルファベット順で辞書的に参照できるよう、一覧を作成しましたので、是非ご活用ください。

他にも色々な『知らなきゃ困るネイティブ英語』を展開していきますね!

タイトルとURLをコピーしました