「おえっ」汚い、気持ち悪い、不味いを表す英語とは?

2-2. 知らなきゃ損なNative英語
この記事は約2分で読めます。

知らなきゃ困るネイティブ英語・「おえっ」汚い、気持ち悪い、不味い

留学や海外就職をすると、現地で交わされる英語表現や単語の数々に直面します。

中には、学校で習わなかった、教科書に載っていなかった、というタイプの英語に出会う事もあるでしょう。

英会話に慣れてくると、ふとした時に出る言葉ってありますよね。人にぶつかった時に”Sorry.”と言ってしまったり、何かミスった時や転びそうになった時に”Oops!“と言ってしまうなど。

日本に帰国した時も思わず出てしまうと、何か恥ずかしいですよね?

この章では、そんな思わず出てしまった表現の一つ、何か汚いものを見た時、更に美味しくない、不味そうという時の「おえっ」「ゲ~っ」といった表現を知り、便利に使ってもらえればと思います。

例えば、散歩中に犬のウンチを踏んでしまった時、誰かが道路の吐いた吐しゃ物を見てしまった時、日本語では「おえっ」とか「うげっ」と思わず出てしまいますよね。

では、同じシチュエーションの時、英語では何と言うでしょう?

英語で思わず出てしまう代表的な表現の一つはこれです。

Ew“(前を強めてーウ)、強く思う時は伸ばし気味に(ーーウォゥ)

他にも、これらが良く使われます。

  • Yuck“(ク)
  • Yucky“(キ―)

または、本当に気持ち悪いって感じで状況だけでなく、人や動物、虫などに対しても言及する時は、これらもあちこちで耳にします。

  • Gross“(グ(↑)ゥス)
  • Creepy“(ク(↑)ーピィ)
  • Disgusting“(ディス(↑)スティン(↓))

そして、前述の”Yuck“または”Yucky“に関しては、食べ物に対する「美味しくない」、もしくは「美味しくなさそう」という表現にも頻繁に使われます。

弥助の食べている納豆を見た外国人の友人達が、その匂いに鼻をつまみながら幾度も言ってましたね。

Oh, what’s the hell of that? Terrible smell, YUCK!

「何だ、こりゃ!?酷い匂い、おえーーっ!」

一度仲間同士でふざけながら、一人を押さえつけて無理やり食べさせようとしたら、本気で怒っていましたっけ…。

もちろん、いずれもあくまでカジュアルな場面、友達オンリーというTPOで使いましょうね。

このシリーズでは、このような「知ってさえいれば、聞くのにも話すのにも困らない表現」をどんどんシェアしていきたいと思います。

アルファベット順で辞書的に参照できるよう、一覧を作成しましたので、是非ご活用ください。

他にも色々な『知らなきゃ困るネイティブ英語』を展開していきますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました