英語で「miso」は「味噌」じゃない?

2-2. 知らなきゃ損なNative英語
この記事は約2分で読めます。

知らなきゃ困るネイティブ英語・「miso」は「味噌」じゃない?

留学や海外就職をすると、現地で交わされる英語表現や単語の数々に直面します。


中には、学校で習わなかった、教科書に載っていなかった、というタイプの英語に出会う事もあるでしょう。

この章ではそんな内の一つ、英語で「miso」は「味噌」じゃないよ、について示唆してみたいと思います。

日本食レストランなどであなたが働いていると仮定してくださいね。すると、実際にこんな会話の機会があると思います。

お客さんが注文する時、もしくは「〇〇ありますか?」と尋ねる際に、以下の質問にあなたはどう答えればよいでしょう?

お客さん: “Just wondering if you have miso?

味噌?あの味噌ですよね。もろきゅう的な?スティックサラダに沿える?

正解は、味噌汁があるかどうかを聞かれています。

英語では何故か「miso soup」と言わずに、ただ「miso」という人がとても多いです。

知ってるか知らないかだけの違いで、勘違いも少なくなるだろうという好例です。

このシリーズでは、このような「知ってさえいれば、聞くのにも話すのにも困らない表現」をどんどんシェアしていきたいと思います。

アルファベット順で辞書的に参照できるよう、一覧を作成しましたので、是非ご活用ください。

他にも色々な『知らなきゃ困るネイティブ英語』を展開していきますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました