日本人の英語発音、ネイティブが見つけた弱点5選

今日から通じる発音の秘訣
この記事は約6分で読めます。

日本人の英語発音の弱点をネイティブスピーカーはどう感じているのか?

日本人にとって、英語を発音するというハードルは常に高いものです。

間違ってはいけないと思う生真面目さや失敗を恐れる特徴も手伝って、出来るだけ正しく発音しようと努力している事は間違いありません。

しかし一方、会話の相手であるネイティブスピーカー達は実際の所、日本人の発音をどう感じているのでしょう?

卒業して留学生活を終えたばかりの頃、自信もそれなりについていた弥助がネイティブスピーカーの友人に「ぶっちゃけ、どれ位通じてる?」と自分の発音について質問した時、衝撃の回答は

60‐70%位かな」でした。

そこでネイティブスピーカー達が日本人の英語の発音をどう感じているのか?について、弥助自身の経験と友人達からのコメントを基に、日本人の英語発音の弱点を5つに絞りました。

  • 語尾への母音の追加
  • “R “と “L “の発音の区別
  • “Th” の発音
  • 子音同士
  • 最小ペアの区別

この章では、日本人の発音の弱点とされる項目についてネイティブスピーカーが感じている弱点をピンポイントで解決・克服するお手伝いができればと願います。

語尾への母音の追加

日本語の発音は全て「母音のみ」か「子音+母音」で出来ていますね。

つまり「アカサタナハマヤラワ」は全て「アの段」ですが、“A”, “K+A”, “S+A”, “T+A”…と続いていきますね。

同様に「ウクスツヌフムユル」の「ウの段」であれば、“U”, “K+U”, “S+U”, “T+U”…と続きます。

これが日本語の発音の基本です。

一方、英単語は子音で終わる単語もたくさんあるのは周知の事実です

ネイティブスピーカーが日本人の英語の発音の問題として挙げる一つがこの子音で終わるはずの発音にカタカナ語と同化してしまった母音が含まれる事にあります。

例えば”night“と発音する場合、最後が子音でしかも省略される事の多い”t“で終わっているため、英語の発音では「ナイッ」のようになります。挨拶で”Good night.“と言うと「グッナイッ」と言っていますよね?

ネイティブスピーカーを忠実に真似しようとするタイプの日本人なら「グッナイッ」に順応するので問題ないのですが、カタカナ語のまま「ナイト」まで言ってしまうと逆に通じなくなります。

「グッドナイト」という感じですね。「ナイッ」が「ナイ」になると通じなくなるわけです。

(発音が上達するタイプとしないタイプを分析した章で詳しく説明しているので興味があれば是非!)

“R “と “L “の発音の区別

日本人の最も苦手とされる発音の代表格ですが、やはりネイティブスピーカーにとって聞き取れない発音だそうです。

そもそも英語の”r”の発音は日本語に存在していないのですから、難しくて当たり前です。

人によっては、例えば自分の名前に「ら行」の文字が入っていると、時には”R”と表記・発音してみたり、またある時は”L”に変えたりしますが、初めからどちらでもいいわけではありません。発音が通じない原因を自ら作る事になります。

英語の”R”と”L”の音は全く異なりますので、初めからカタカナ語で考える事をやめて英語オンリーで取り組むようにしましょう。

これが発音を矯正する一番の近道です。

“Th” の発音

もう一つの代表的な日本人の英語発音の弱点が”Th”の発音ですね。濁る音も含めて舌を噛んで発音するこの音も日本語にありません。難しいはずです。

そしてやはりネイティブスピーカーには、日本人の英語を聴く上での障害になるそうです。慣れている外国人は察してくれるのですが、国際経験のあまりない英語だけしか話さない人には難しいと思います。

一番の理由は、ここも素直に出来る限り真似をして舌を噛んで発音する努力をすればよいのですが、楽な方へ逃げてしまい「サ」の音で代用しようとしている事です。

think“「考える」が”sink“「沈む」と別物になってしまう訳ですね。

上に張ったリンクの章を是非読んで頂きたいのですが、他の言語を習得する際に素直さというファクターは本当に大切なのです。

実はアクセントとリズムさえあっていれば、「サ」ではなく”t”の音で代用すればより通じ易くなるのは事実で、どうしてもの場合は”t”で代用するようにアドバイスもしています。

“Th”が濁る場合は”d“で代用可能です。

しかし、だって出来ないからという理由でずっと代用し続けず、少し集中的に時間をかけてでも意識しなくてもできるように練習する事をお勧めします。

子音同士

一番初めの子音で終わる単語の終わりに母音を足してしまう傾向に似ていますが、英語の「子音+子音」という重なりであるクラスターが日本語には存在しません

この日本語にない英語の発音をカタカナ語でむりやり発音しようとすると、ネイティブスピーカーには通じにくくなってしまいます。

子音同士の間に母音を挿入してしまうという事ですね。

例を挙げると”try”という単語は発音記号で見ても【trάɪ】です。あえてカタカナで書くと「トュライ」という感じですね。

これをカタカタ後にしてしまって”t”と”r”の間に母音が入る事により、はっきりと「ト」と言い切ってしまった「トライ」となってしまい、結果通じない発音になります。

小さな事かと思うかもしれませんが、本当にネイティブスピーカーにとっては「ト」ではないので通じないのです。

しかもこうした子音クラスターは単語の先頭で約50種類、単語の終わりでは170種類ほど、単語の途中では数えきれない位あるそうです。

それだけ通じない可能性が高いという事なので、しっかりと気を付けたい項目なのです。

違いが最小限の単語の区別

最後は、似ている単語を比べた場合に一文字しか違わない場合など、その違いが最小限の単語を聞き分けることです。

文章で説明しようとすると難しく感じますが、例えば以下のような場合です。

“warm”“worm”

“saw”“sew”

“bag”“bug”

(これらの発音の仕方についてはこちらの章で詳しく説明しているので興味があれば是非!)

こうした最小限の見極めポイントしかないペアの単語は、やはり区別して発音されている事が少なく、ネイティブスピーカーにとっては難しいようです。

結論~この5つさえ克服すれば~

弥助の経験上、ネイティブスピーカーの友人達が日本人の英語の発音の弱点だと指摘された5つの項目をまとめてみました。もう一度おさらいしてみると

  • 語尾への母音の追加
  • “R “と “L “の発音の区別
  • “Th” の発音
  • 子音同士
  • 最小ペアの区別

それぞれについて、思い当たったり腑に落ちた節があったのではないでしょうか?

いずれについても、正に自分の発音がネイティブスピーカーに通じない理由です。

しかし、逆に言えばこの5つを克服しさえすれば、遥かに通じる発音に改善できる訳です。多少の時間をかけてでも、常にこの5つの項目を意識して練習する事が、結果的により短い期間での上達に繋がる事は間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました