「抑揚」と「アクセント」間違いの修正が、ネイティブ英語発音の秘訣

2-3. 今日から通じる発音の秘訣
この記事は約5分で読めます。

英語のネイティブ発音に近づけるコツ、3つのステップ ①~抑揚とアクセントの秘訣

今や小学校から英語を正式に習い始めている日本人ですが、いつになっても苦手意識を持つ部分は、やはりスピーキングですよね?

  • 人前で間違う事を何より恥ずかしいと思う日本人気質
  • 日本語の発音が英語のそれとかけ離れている

この二つが大きな原因でしょうか?

より相手に通じやすく、より使える英語にする為、『発音』をネイティブに劇的に近づける3つのステップにて原因解決を図りましょう。

まずはステップ1!

英語の発音で最も気を付ける最重要ポイントが「抑揚」と「アクセント」を間違えない事であると明確にしますね!

イントネーション>リズム>発音記号という、優先順位の意味を心に刻む

ネイティブ発音に近づける方法論

『発音』と言っても、実は重要な要素を3つに分解し、優先順位をつける事が可能です。

① 抑揚を使う(イントネーション)

② 文章にリズムをつける

③ 正しい発音記号に沿って発声する

最初から何の苦労もなくパーフェクトな発音が出来れば、こんなに楽な事はありませんが、それが難しいのでステップバイステップで少しずつ上達していかざるを得ません。

その過程において、まず真っ先により重点的に改善すべきポイントがイントネーションなのです。リズムも同じくらい大事なので、①と②を一つと考えて同時に克服するのが最も効率的かもしれません。

どういう事かと言うと、正確な発音記号を使えていない、つまりいわゆる日本語カタカナ英語を話しているのに、ネイティブスピーカー達と何の苦も無く会話が成り立ち、世界の最前線で活躍している日本人はたくさんいるのが確固たる事実だという事です。

“th”の発音や”v”, “f”の発音がちゃんと出来ておらず、傍から聞いていてどうしても流暢に話せているとは思えなくとも、ネイティブに交じって談笑したり、熱いビジネス論議を交わしている人達の英語は、イントネーションとリズムが”英語”なのです。

英語の発音を劇的にネイティブに近づける最大の秘訣はここにこそあります。

  • それぞれの単語に強弱とピッチ(音程)の上げ下げをしっかりとつける
       
  • この単語の長さは二拍になるのか三泊になるのかというリズムを意識する
         
  • 文章全体のイントネーションをはっきり明確にする

具体的な実践練習法

こうして箇条書きにしても尚、だからそれをどうすればいいんだ⁉そこをどうしていいか分からないんじゃないか⁉と多くの方が思う所でしょう。実は、ここを克服していく練習方法はたくさんあると思います。

  • 逆に発音記号を重視し、これは短い「ア」なのか、伸ばす「アー」なのかを習得してから、それをリズムに活かす
        
  • 5W1Hの疑問文では語尾を下げる等のルールを全てマスターする

ただ、現実的にそういうメソッドは概して理論に基づくのでよりアカデミックに寄ってしまい、一般的に取っつきにくく、難しく感じてしまう事は否めません。

では、出来るだけ低いハードルからすーっと入れて、モチベーションを高く持って実践出来る練習は何か?

それは、話し相手の物まねを徹底する事でしょう。

そんな簡単な事?と思われるかもしれませんが、ここが本当に出来ていないと感じます。

おそらく、日本語がとてもフラットに話す言語なので、自分では抑揚をつけているつもりでも、思いの外イントネーションもリズムの強弱もついていないのが現状ではないでしょうか?

とにかく初めは相手のイントネーションを観察し、会話の中で真似をする事が重要です。単語や短い文章からでいいので、盗むイメージです。

相手が「マクドナルド」ではなく、「マダ(↑)ーノ(↓)ーズ」と発音したら、自分も次からは躊躇なく「マダ(↑)ーノ(↓)ーズ」と発音をスイッチする。

そういう所から物まねを始められる人は、すぐに自分の発音が変わっていく事に気づくでしょう。

発音が上達するかしないかを、タイプ別に分類するマトリックスを元に解説した章があります。お時間があれば是非!

発音記号通りじゃなくても通じちゃう

では、発音記号そのままに発声する事こそが大事に思えるのに、何故実はそうではないのか?

その理由は、そこまでかけ離れていない発音なら、文脈から通じるものだからです。

元々、様々な言語によって発音はそれぞれ異なります。

例えば、韓国人は”f”の発音が得意ではない、というか出来ない人も多々いますが、韓国語にその発音が無いのだから不思議ではありません。

彼ら彼女らは、”If”の事を「イプ」と発音します。”f”が”p”の感じですね。

でも、実際に会話してみれば分かりますが、問題なくネイティブスピーカーにも通じちゃいます。一度慣れれば、余裕で分かります。

日本人も同じです。前述の”th”はその代表でしょう。”I think”をカタカナ的に発音しちゃうと”I sink”で沈んじゃいますからね。(sink=沈む)

でも、文章の中で発していれば、八割~九割は”I think”って言ってるんだろうなって、自然に捉えてくれますよ。意外とそういうものです。

しかし、イントネーションをつけずに「マクドナルド」のままフラットにタタタタタタと六拍で発音しても、「マダ(↑)ーノ(↓)ーズ」と抑揚をつけてタタータと三拍で発音しなければ通じないのです。

英語の発音に躓いた時の裏技?

ここで、ちょっと実践的なコツを教えちゃいます。”th”の発音が上手くできない、自信が持てないという人は、開き直って“t”と発音しちゃってください。20年以上の海外暮らしに基づいて断言しますが、

大抵、通じます!

“I think”が”I tink”になっても、驚くほど通じますよ。

“throw a ball”も”trow a ball(トゥロウ ア ボウ)”と発音してみてください。きっと通じます。

“There”とか”Then”とか濁る時は、”d”でいけます。”Dare”とか”Den”の感じです。

一度、騙されたと思って試してみて下さい。イントネーションとリズムさえ合っていれば通じるはずです。

では次に、こちらから英語のネイティブ発音に劇的に近づける為のステップ2と3に続きます。

英語のネイティブ発音に近づけるコツ、3つのステップ②】~リズムとリエゾンの秘訣

【英語の発音が分かる!】は拍(リズム)とリエゾンの理解から

英語のネイティブ発音に近づけるコツ、3つのステップ③】~フォニックスの秘訣

【フォニックス】英語の発音法則の秘訣、母音読みの覚え方

コメント

タイトルとURLをコピーしました