小学校の英語授業開始に文科省の本気を見た!

2020年からいよいよ小学校での本格的な英語教育が開始されました。

いくら勉強しても日本人は英語を話せないという学校教育への批判を受けてか、文部科学省は省内でかなりの時間と人材を投入して、小学校からの英語授業導入に取り組んだのだろうと推察されます。

  • 小学校の英語の科目化は中学校の英語授業の前倒しではなく、全く新しい科目の創出である
  • 小・中・高の全てを通しての取り組みである

と訴える姿勢にも表れています。

小学校の英語教育についての実情を知るためには、その詳細を決定した大元である文部科学省の意図を知る必要があります。

それは、先生にとっても保護者にとっても、

どこに目指すべき山の頂上があって、そこへたどり着くための道筋についても知る事』だからです。

まずは文部科学省の資料300ページ以上、映像資料300分以上から読み解いた【小学校英語授業導入の核心部分】について、より分かりやすい言葉で徹底的に解説した章からご覧ください。重要なトピックそれぞれについては、さらに詳しく解説した章にリンクできますので、興味のある方は是非。

【小学校の英語授業】文科省の資料300p以上を噛み砕いて徹底解説

 

3. 小学校の英語授業を徹底解説!

【5,6年生の外語語科】なぜこの授業内容なら英語を話せるようになるのか?

実際の5,6年生の英語の授業内容を、さまざまな実際の例を用いながらより具体的に解説
3. 小学校の英語授業を徹底解説!

【小学校の英語授業】文科省が最も重要と位置付ける【言語活動】とは?

小学校の英語教育の最重要ワードである【言語活動】とは何を指すのか?どんな活動が【言語活動】なのか?
3. 小学校の英語授業を徹底解説!

【小学校英語の評価・成績】ペーパーテストで評価はしない!

保護者が関心のある小学校の英語授業の評価について、文科省の資料を動画資料で補足し、分かりやすくまとめます
3. 小学校の英語授業を徹底解説!

【小学校の英語授業】文科省の資料300p以上を噛み砕いて徹底解説

小学校英語教育について関心が高い項目を、文科省資料を映像資料で理解を補足しながら、簡単な言葉で要約
3. 小学校の英語授業を徹底解説!

【小学校の英語授業の目標】中学校の授業の前倒しではない!

小学校の英語授業導入が中学の勉強の前倒しではない事を理解できるよう、その目標について分かりやすく解説
3. 小学校の英語授業を徹底解説!

小学校教員の「英検準1級以上」取得率は何%?どう改善?

文科省が把握している小学校教師の英語力を、さまざまな数字を元に確認します。
3. 小学校の英語授業を徹底解説!

【小学校英語教育用・新教材】驚くべき9つの特徴

小学校英語の新しい教材について、文科省が何を重視して考案し、授業でどう活用するよう教師に期待しているか
タイトルとURLをコピーしました